機材・工具・資材紹介


私どもの工房は、本場アメリカのワークブーツやヨーロッパの本格紳士靴の代名詞でもあるグッドイヤーウェルト製法の靴・ブーツを、自社工房のみで修理できる機械設備・工具・資材を全て完備する強みを持つ、愛知県でも数少ない工房です。

 

私たち自慢の工房の保有する機械設備の一部をご紹介いたします。


デンマーク生まれの靴底縫いミシンPEDERSEN RAPID 317EM

レッドウィングなどのワークブーツのリペアに欠かせません。

 

現在は生産されておらず、日本国内でこの底縫いミシンを保有している工房はごくわずか。

 

made in England シンガー社製の手回し八方ミシン。1910年代製造。この工房で一番の古株

 

このミシンはまだまだ現役で毎日稼働しています。

 

 


ドイツ製の靴用グラインダー。フィニッシャーと呼ばれています。靴底の切削や仕上げのバフ作業など靴修理・靴製造現場では欠かすことのできない頼れるマシン。

 

セイコー社製18ミシン。通常の腕ミシンとは腕の向きが逆向きになった、靴用の腕ミシン。アッパー縫製に欠かせません

 

 


年季の入った靴の底の形状をした金台。イタリア製

 

 

USビブラム社製のソールなど、アメリカやイギリス、イタリアなど海外有名タンナー・ソールメーカーの資材数多く取り揃えています。