レッドウィング ペコスブーツがビリビリに破れちゃった

以前当店でソールの交換をした、レッドウィングのペコスブーツが別の修理で戻ってきました。

 

正面から見ると、特に修理する箇所が見当たらないように見えますが・・・


あらら・・・びりっと大きく破れてしまってますね・・・

 

普通の人ならこの状態になったら諦めて捨ててしまいますかね?

でも、大丈夫。きちんと補修して、また履けるように修理致します。

 

デニムの補修のように裏に革をあてて、ジグザグに縫い付けます。


ジグザグに縫い付けるとこんな感じに仕上がります。案外悪くないでしょ?

 

破れてなくても、飾りステッチで縫いをかけても面白いかもですね。


反対側は破れてはいなかったのですが、革が大分薄くなっていたので、同じように裏に革をあてて縫いをかけました。


今回の破れの補修両方で6,000円+tax

穴や破れの大きさによりけり修理の値段がかわります。

 

ステッチの色を変えてみたりも対応可能です。

レッドウィングなどの頑丈なブーツはメンテナンスと補修していけば、10年20年とゆうに履けます。

靴・ブーツの修理、メンテナンスでお困りの事がありましたら是非ご相談下さい

 

杉浦

 

441-8083 愛知県豊橋市東脇3-1-3

TEL 0532-87-4132

MAIL radian@572958.com