靴・ブーツのソール交換


オリジナルを尊重するリペア

当店の靴の修理(紳士靴やワークブーツのソール交換や靴底張替え)は、アメリカやイギリスやイタリアなどのヨーロッパの本場メーカーのオリジナルを尊重し再現することに加え、日本の靴職人のきめ細やかな技術・仕上げを取り入れることにこだわり靴の修理作業を行っています。

 

靴やワークブーツの靴底ソールを交換・張り替える工程で、靴にダメージを加えぬよう靴底を取り外して新しい靴底ソールを取り付ける工程、ソールに縫いつけを行う工程、最終仕上げの工程、それぞれの工程で職人が1足1足丁寧に行うことで、クオリティーの高いソール交換・オールソール修理を提供することが出来ます。

 

修理でお預かりする靴は、履き手の履き癖や製造年度、製法や構造が一足一足異なる場合があり、例え同じブランドの同じモデル名でも、同じ靴・ブーツということは修理においてはありません。その都度、職人が親身になって対応させて頂き、最良な方法にて修理させていただいております。


 

本格靴の代名詞グッドイヤー製法で作られているRed Wingレッドウィング・ベックマン・オールデンなどの紳士靴・ブーツは靴底ソール交換・オールソールが可能です。RADIANではミッドソール・ヒール積上に使うベンズは、有名靴メーカーでも使用されているイタリアンベンズを使用し、アウトソールはイギリス製のダイナイトやアメリカ製のVibramなど

ソールを縫い付けるミシンもRed Wing社やWesco社と同じミシンを使用して靴修理・ソール交換をさせていただいております

資材や道具なども、可能な限りオリジナルメーカーと同じものをというこだわりのもと、お客様の靴の修理をさせていただいております。

オールデンやリーガルのような紳士靴のソール交換希望の方はこちら


お気軽にご相談ください

気に入って愛用し履けば履くほど・・・

靴底ソールだけではなくアッパーの革の傷やスレ、破れ、ハゲなどが必ず出てきます。それもアジといえばアジですが

それをケアせず放っておくと、革の寿命を縮め、この先末長く愛用する事が困難になる場合もあります。

 

RADIANではアッパー革の染め替えから破れの補強、糸のほつれの補修、靴・ブーツのクリーニングやカビ取り、靴磨きメンテナンスなど、長く愛用するお手伝いをさせて頂きます。また『スチール抜き』『金具交換』『シャフトカット』『ファスナー取付』『シフトガード取り付け』など、お客様のニーズ要望に合わせた修理・カスタムも可能です。是非一度お気軽にご相談下さい。



掲載タイプ以外の色々な靴のソール交換も実施しています。ソール交換ご希望の方は是非ご来店、お問い合せ下さい。