靴ブーツのソール交換


本場メーカーのオリジナルリペアーを再現

当店の靴修理(紳士靴のソール交換や靴底張替え)は、アメリカやヨーロッパなど本場メーカーのオリジナルリペアを尊重し再現、日本の職人のきめ細やかな技術・仕上げを取り入れること信条に作業しています。

 

靴のソールを張り替える過程の中で、靴底を取り外して新たに取り付ける工程、縫いを行う工程、仕上げの工程、それぞれの工程に精通した職人が行うことで、クオリティーの高い修理を提供することが出来ます。また修理でお預かりする靴は、製法や構造が一足一足異なり、同じ靴は二つとありません。その都度、最良な方法を模索し修理させていただいております。


RedWing(レッドウィング)ブーツのオールソール交換

グッドイヤー製法で作られているレッドウィングのブーツはオールソール交換が可能です。リブロスではミッドソール・ヒールリフトに使うベンズは、White’s社などで使われるメキシカンベンズを使用し、ソール・くぎ・糸までもUSAにこだわっております。

また、履き心地を再現するため、元のラストで圧着、ソールを取り付け、エンジニアブーツなどの2ピース時も2ピース用のラストを使用します。本場アメリカのRWで培った技術を日本に導入し、見た目、履き心地を追求したリペア・カスタムを皆様にお届けします、

オールデンやリーガルのような紳士靴のソール交換希望の方はこちら


本場アメリカにて学んだ技術で修理いたします。

長年愛用していると、ソールだけではなくアッパー革の傷み、破れ、ハゲなどが必ず出てきます。それを放っておくと、革の寿命を縮め長く愛用する事が困難になります。

 

リブロスでは革の染め替えから破れの補強、カビ取り、メンテナンスなど、長く愛用するお手伝いをさせて頂きます。また「シャフトカット」「ベルト位置の変更」「ファスナー取付」「シフトガード」など、お客様のニーズに合わせた修理・カスタムも可能です。是非一度ご相談下さい。



掲載タイプ以外の色々な靴のソール交換も実施しています。ソール交換ご希望の方は是非ご来店、お問い合せ下さい。